エンジニアのひよこ_level10

【毎日更新!】新卒2年目エンジニアブログです! プログラムだけじゃなく、マネジメントとかも書いていきたい!

トラブルの対処タイミング。津波が来てからじゃ遅い【216日目】

リスクマネジメント

海の近くの家に住む。すると、津波に流されるリスクがあります。

このリスクを許容するにしても、
津波に流されたいわけではないです。

つまり、津波が起きそうな時は、避難をしないといけないわけですね。

津波が起こってから避難するのか

では、津波が起こった!

よし、避難だ!

避難が間に合わなかったあああああ

・・・ってなっちゃ意味ないですよね。
間に合わないのは、対処が遅かったからです。

では、いつ避難するのか

地震が起こったら避難する

津波というリスクを回避するためには、 津波が起こってからでは遅い。

津波が起こるのはいつか。 地震が起こった時だ。

つまり、地震が起こってから避難をするべきだ。

というやつですね。

リスク管理は、原因を確認する

津波というリスクに対応するには、そのリスクが起こる原因が何かを確かめる必要があります。 そして、地震という原因を見つけたら、地震が起きた時に対処をしましょう。

問題は早めに対応した方がいいのは間違いないので、 問題発見を早くするためにも、リスクの原因の分析をしていきましょう!